のぼりは部隊をしめすもの

のぼりは、もともとは所属部隊などを示すもので、今でもそう言った使われ方をしています。

のぼりってなに?

のぼりは部隊をしめすもの

お店の前に、セールの時期になるとのぼりが立っていることがあります。

そののぼりを見ることで今はセールをやっているんだなって知る人も多いはずです。

視覚からいろいろな情報を教えてくれるのぼり。

こののぼりとは何でしょうか。

このサイトで調べてみました。(のぼりに関する考察→http://www.hofstrapridehockey.com/

のぼりは旗の一種です。

上辺と縦の一辺に、竿を通して二辺を固定した形式の旗のことをいいます。

軍事拠点や階層、所属などを示すために使われていました。

視覚から情報を教えてくれる。

今でもこれはかわっていませんね。

そう言えば、歴史物のドラマなどを見ていると、のぼりを背負って戦場に向かう人もいます。

この部隊が誰のどんな部隊であるか説明するために、のぼりは使われていたんですね。

そののぼりという旗の形式が現代まで残っているわけです。

今でも、戦場とは違いますが、甲子園などで学校名を書いたのぼりが立てられていることもあります。

大相撲などでも、力士の名前を書いたのぼりが立っていることがあります。

誰であるか、どの部隊に所属しているのか。

それを示すためにも今でも使われているのですね。

そう言えば、学校の体育祭などでも、のぼりを用いることはありますね。

クラスごとにオリジナルののぼりを作ることも体育祭の楽しみでしたね。


Copyright (C) www.votebrettdavis.com. All Rights Reserved.

のぼりってなに?